推荐有礼| 关于我们|
当前位置:  文都国际 > 日本留学 > 申请指南 > 日本本科 >

日本留学计划书范文

2016-06-28 17:05:12作者: 阅读量:

  很多想出国留学的学生并不能完全的了解留学研究计划书,也不知道留学计划书的重要性, 更为他的写作形式与写法而苦恼。下面文都留学就为大家提供一份申请日本留学的研究计划书的范本,供大家参考。
 
  研究计划书的主要内容
 
  1、在本科阶段对哪方面的学问感兴趣,这个要结合你希望的研究课题。如果是就职的,要结合自己的工作,谈谈专业和工作的关系。
 
  2、为什么对这个领域的研究感兴趣。进入研究生继续学习的理由。
 
  3、目前这个研究领域的现状。和结合时事来谈。也可论述这个领域的先行成果
 
  4、在上述内容的基础上,论述自己的研究课题。这个很关键,也是重点,不要空洞,要具体。(也就是「研究テ?マ」)
 
  5、为什么选择这个导师的原因(比如谈谈读了导师的论文后的想法等等)
 
  6、在研究生阶段学习的具体内容和方法。
 
  7、将来的打算。
 
  此范文为本科日语专业学生申请经济学部研究生的研究计划。
 
  はじめに
 
  私は現在**大学外国語学院日本語学科の四年生で、2001年10月から日本国際教育協会(AIEJ)の奨学生として採用され、交換留学生として**大学へ留学にきている。日本語は専攻として勉強してきて、優秀な成績を得たが、それはあくまでも語学の勉強であるしかない。以前から経営学に格別の関心を持ち、それに関する本なども読んできたが、自分の将来の道の行方を考えた上で、やりがいのある学問である経営学を勉強しようと決意した。準備として、大学二年の時から、副専攻として電子商務の勉強を始めた。勉強しているうちに、経営学に対する論理的な理解を深め、本格的に勉強していくという願望を強めた。情報社会と呼ばれる今の社会では、企業の経営も変貌しつつある。私は情報通信を利用した企業の経営と、企業の国際経営を研究したい分野と考えている。
 
  志望動機
 
  私が貴大学経済学部の研究生を志望するのはそれぞれの専門領域で第一級の活躍をしている教授が集まってきているからである。また私は大学院に進学したいと思っているが、貴学部は大学院へ重点化したので、大学院での研究や、教育の道がもっと開かれていると考えられる。そして、総合大学である東北大学は教育、研究の資源が豊かであり、所在地である仙台は学生を大切にする街であり、「学都」と呼ばれていれ、学習する環境がとてもいいと感じられる。それに、先生の研究するテーマに興味があるので、ぜひ先生の元で勉強したいと思っている。
 
  これまでの学習内容
 
  私は**大学では二年生から副専攻として電子商務の勉強をしており、履修した科目は国際貿易、ネットワーク経済学、電子商務概論、市場経営学、ネットワーク技術、ネットワーク通信などである。それはコマースと情報通信技術の両分野から成り立たれている。そして、選択授業として取った経済に関する科目は国際経済論、政治経済学、電子商務などの科目である。
 
  福井大学では聴講という形で、経済理論、経営学、国際経済論などの授業を取ったことがある。
 
  学習の目標
 
  研究生としての時期では、経営学という分野の基礎学力を充実させ、以降の研究における土台作りをしっかりさせておきたい。先生のご指導の元で、ゼミを受け、経営政策に関する理解を深めながら、研究する分野で価値のある課題を探していきたい。そして、大学院に入るための受験勉強もしっかりしたいと考えている。
 
  研究内容、方法
 
  情報化が進む社会では、企業の経営も変貌しつつある。近年、日本の企業は国際進出が頻繁であり、国際経営が多く行われている。中国の経済の発展や貿易自由化に伴い、中国の企業もどんどん国際化していこうであろう。国際経営を行うためどんな経営政策が取られているか、どのように進出した各国ないし各地域の環境に適応するか、どんな問題があるか、人間、設備、資金、情報、技術などの経営資源をどのようにうまく組み合わせ、うまく利用するのかなどに関心を持っているが、それをどのように国それぞれの事情に沿って策定され、実行されるのかを研究する内容の一つにしたい。ちなみに、今まで国際経営を行ってきたのはほとんど大企業だったが、中小企業における国際経営についても考えていきたい。
 
  もう一つは情報通信技術と結びつける企業の経営のことである。アメリカをはじめ、インターネット上のビジネスが盛んに行われている。本格的なネットビジネスでなくても、企業の宣伝から、情報の収集、取引関係に至るまで、企業の経営におけるインターネットの利用は幅広いものである。いわゆるインターネット?コマース企業の経営戦略と、それらの企業はいかに情報通信技術を利用するのも研究する分野と考えている。この分野の研究は以前身につけた「電子商務」の知識を深めながら、進めていこうと考えている。
 
  研究を行うための必要な知識を得るために、以下のような学習を行う予定である。
 
  1.経済学の基礎であるミクロ経済学、マクロ経済学の勉強をしっかり行いたい。
 
  2.経営学に関するより専門的な学習、研究。
 
  3.語学能力の向上。留学生であるからには、私の現在の日本語能力で研究するには支障はないと思う。以降の論文の作成や専門的な文献を読むために、専門的な用語を身につけたい。英語の能力も大切だと考えるので、しっかり勉強する予定である。
 
  進路について
 
  研究生として、経営学を勉強した後、大学院に進学したいと思っている。その後は中国へ帰って、中国企業の成長と発展に取り組んで行こうと考えている。
非特殊说明,本文版权原作者,转载请注明出处
本文地址:http://www.wdliuxue.com/content-254-1497-1.html


免费申请留学方案
 * 您的姓名:
 * 您的电话:
热门专题

服务热线:027-87107720
Copyright ©2001-2019 湖北时代万新国际教育发展有限公司-版权所有 Corporation All Rights Reserved.
鄂ICP备15020547号-2 |42011102000373号 出版物经营许可:京新出发零字第海071775号 | 商务部特许经营(备):0110801311000117
x
留学评估